中国語の数字の読み方徹底分析!初心者が覚えるべき7つのコツ!

中国語の数字の読み方徹底分析!初心者が覚えるべき7つのコツ! 中国語の文法知識

中国語の数字の読み方は、日本語とどう違うのでしょうか?そこで今回は、中国語の数字の読み方について、初心者が覚えるべきコツを徹底分析します。数字が日常生活で使われる場面には、日付で言う場合や分数・割合で言う場合などがあります。この記事では、それらの実例を交えて、詳しく解説していきます。

また、それと併せて、数字を使った中国語の表現についてもご紹介します。日常生活の中で、数字に触れない日はありません。中国語の数字に関する言い方を覚えておくと、いざという時に役立ちます。中国語を勉強中の方、ビジネス等で中国とやり取りをされる方にとっては、必見の内容です!

 

中国語の数字の読み方徹底分析!初心者が覚えるべき7つのコツ!

 

1. 数字の基本の読み方

まず、中国語で数字を読む場合の基本の読み方について見ていきましょう。

一(イー):1
二(アー):2
三(サン):3
四(スー):4
五(ウー):5
六(リウ):6
七(チー):7
八(バー):8
九(ジョウ):9
十(シー):10
十一(シーイー):11
一百零一(イーバイリンイー):101
三万五千六百四十二(サンワンウーチェンリウバイスーシアー):35,642

なお、特に桁が多い場合やビジネスで使う場合などでは、日本と同様に、漢数字ではなくアラビア数字で書くのが一般的です。

2. 「年月日」で数字を使う場合

例えば、「1983年12月24日」生まれの人が誕生日を言いたい時は、下記のようになります。

我的生日是1983年12月24号
(ウォダションリ シー イージョウバーサンニェン シーアーユエ アーシスーハオ)。

日本語ですと、西暦は「せんきゅうひゃくはちじゅうさん」などのように読みますが、中国語は千年・二千年という言い方ではなく、番号のように数字を羅列して読むだけなので、簡単です。

3. 「一週間」は数字を使って表現

日本語では、一週間は月曜日・火曜日などのように、天体にちなんで付けられています。それに対して、中国語では、曜日は数字を使って表しています(日曜日のみ例外)。星期一(シンチーイー):月曜日星期二(シンチーアー):火曜日星期三(シンチーサン):水曜日星期四(シンチースー):木曜日星期五(シンチーウー):金曜日星期六(シンチーリウ):土曜日星期天(シンチーティエン):日曜日「星期(シンチー)」が「礼拜(リーバイ)」に置き換わることもありますが、その場合も数字で表すことに変わりはありません。

 

 

4. 「お金」の数字を言う場合

お金で数字を使う場合は基本的に数字の後に単位を付けるだけなので、そこまで難しくはありません。なお、中国のお金「人民币(レンミンビー/人民元)」の単位は、下記のように構成されています。

一元(イーユエン):話し言葉では一块(イークァイ)という
一角(イージャオ) :話し言葉では一毛(イーマオ)という
一分(イーフェン)

なお、一番最後に来る単位については、省略することができます。また、単位の前に来る「二」については、中国語では「两(リャン)」になりますので、そこは要注意です。下記が実例になりますが、話し言葉では右側のように言います。

八元五角(バーユェンウージャオ)=八块五(バークァイウー)
两元两角两份(リャンユェンリャンジャオリャンフェン)=两块两毛二(リャンクァイリャンマオアー)

5. 「分数」を言う場合

中国語で分数を言いたい時は、下記のように言います。

三分之一(サンフェンジーイー):1/3
五分之二(ウーフェンジーアー):2/5

なお、日常生活ではあまり使いませんが、帯分数を表したい時には、次のような言い方をします。

三又五分之一(サン ヨウ ウーフェンジーイー):3と1/5

6. 「割合」を言う場合

中国語で割合について言いたい時は、下記のように言います。

百分之七十二(バイフェンジー チーシアー):72%
百分之零点四(バイフェンジー リンディェンスー):0.4%

なお、表記上は日本と同じように「72%」や「0.4%」と書くのが一般的です。

7. 数字を使った表現あれこれ

中国語の中には、数字を使った表現がたくさんあります。日本語でも「いつも」ということを言う際に、「四六時中」というなど、数字を使った慣用表現がありますよね。中国語ではどのような言い方があるのか、早速見ていきましょう。

一举两得(イージューリャンダー):一石二鳥
八九不离十(バージョウブーリーシー):十中八九
不管三七二十一(ブーグァンサンチーアーシイー):とにかく、何が何でも
八面玲珑:八方美人
乱七八糟:めちゃくちゃな様子
火冒三丈:烈火のごとく怒る様

 

 

まとめ

上記には書ききれませんでしたが、中国語でも、数字の語呂合わせがあったり、特に好まれる数字があったりと、数字に対する感覚は、日本人と似ています。日本語の音でもそうですが、中国語でも「4」は「死」に通じる発音として、敬遠されています。

また、日本でも「末広がりの八」として「8」が縁起が良い数字とされていますが、中国人の縁起にかける気持ちの強さは日本人以上です。車のナンバーも「8」が付いているものが良いとされたり、携帯番号でも多くの人が8が付いている番号を欲しがったりしています。

普段よく目にする数字でも、こうして見ると、中国ならではの事情が見えてきて興味深いですね!中国人の方と交流する際には、これらのことを覚えておくと、コミュニケーションがスムーズにいくかもしれません。

 

中国語の数字の読み方徹底分析!初心者が覚えるべき7つのコツ!

1. 数字の基本の読み方

2. 「年月日」で数字を使う場合

3. 「一週間」は数字を使って表現

4. 「お金」の数字を言う場合

5. 「分数」を言う場合

6. 「割合」を言う場合

7. 数字を使った表現あれこれ

 


あなたにおすすめの記事!