中国人も血液型占いするの?日本と違う6つの豆知識!

中国人も血液型占いするの?日本と違う6つの豆知識!中国文化

血液型は万国共通ですが、特に日本人は血液型占いを好きな人が多いですよね。占いというよりも、血液型で定型的に人物像を判断して、話題にするのが好きな国民性です。では中国人も、日本人と同様に血液型で相性や性格を占ったりしているのでしょうか?

血液型占いは万国共通で同じだと思っている節がありますが、実はそこに想定外の事実があるのです。

 

中国人も血液型占いするの?日本と違う6つの豆知識!

 

1. 自分の血液型を知らない

日本では多くの人が自分の血液型を知っている筈です。それは生まれた時に既に採血されていて、親に伝える事が慣習的な国だからです。ところが、自分の血液型を知っている事は、世界的にみると稀であると言われています。世界の多くの国々では、日本と違って、自分の血液型を知っている比率は低いのです。ここに大きなギャップがあります。日本人にとって当たり前の事は、世界でも当たり前だと考えてしまうからです。

では中国はというと、やはり殆どの国民が自分血液型を知りません。知る仕組みと慣習が無いからで、世界の多くの国々と同じと言えます。つまり、日本が特殊なのです。グローバルスタンダードでは、自分の血液型を知る必要性が無いのです。このよう自分の血液型を知らないのですから、血液型占いが成り立ちません。まず知っておいて頂きたい大前提です。

2. 血液型を知らないので占えない

自分の血液型を知っていれば話は別ですが、知らないのですから、占いをできる環境にありません。結論的に申し上げると、中国では血液型占いは基本的には無いというのが実情です。需要が無い所に供給は産まれません。血液型占い所を創ったら、隣に血液型検査所をセットで作らないと、血液型占いは普及しないでしょう。(笑)

3. 表面的には血液型占いは普及していない

血液型占いが中国には無いと筆者が断言してしまうことにも問題はあります。その第一因は、現代的日本文化を受け入れる流れが現代中国にはあるからです。

IT時代になり、その傾向には拍車がかかっています。中国に無い文化だからこそ、面白いと思う人たちが増えているのです。ですから、表に出ていないだけで、日本の血液型占いに触発されて、自分の血液型を調べに行って、占いの話題をしている人たちはいるかもしれませんね。

 

 

4. 血液型は個人情報

日本人は自分の血液型を躊躇無くオープンにしがちな国民性ですが、そもそも自分の血液型を知らない中国他諸外国では、知る必要性が無いので、他者にも伝えようがありません。

一方で、自分の血液型を何らかの理由で知ってしまった人にとっても、血液型を他人に知らせる必要性が無いばかりか、他人から血液型を聞かれる事自体がとても失礼な事と捉えられます。体重や年齢をずけずけ聞かれたら、嫌なお想いをしませんか。血液型を尋ねる事は、それと同じと捉えられると思って下さい。日本人の占いを話題にする感覚で、他人に血液型を尋ねるのは遠慮するべきでしょう。

どうしても話題にしたい場合は、「日本の血液型占いを知ってますか?」などと、日本では普通である事を伝えた上で、興味を持たれたら話題にする位にとどめるべきです。占い結果によっては、嫌な想いをさせてしまう結果も考えられます。日本人は失礼な国民だと思われない様に、心がけるべきだと、筆者は考えます。

5. 血液型を知らない背景

中国人も血液型占いするの?日本と違う6つの豆知識!献血

輸血用の血液確保は世界各国で課題を抱えています。中国では、慢性的に血液が不足していると言われています。衛生的で安全な献血環境が無い事が最大の原因です。しかも、献血制度ができる前から横行している売血という悪しき慣習が、未だに根強く存在しているからとも言われています。

中国が進める現代化の一つに、血液確保策としての献血制度が定着すれば、血液型を知る国民も増える事になるでしょう。

6. 星座占いと風水が定着

日本発祥の血液型占いは、グローバルスタンダードとは言えません。一方で、古来中国に存在していた星座占いは、歴史的に変遷を遂げてグローバル・スタンダードに収斂された事は、筆者既著の以下の記事でご紹介致しました。そして、中国には古来から風水という吉凶を判断する基準が今でも存在し、多くの皆さんが拠り所にしています。

中国では血液型占いは一般的ではなく、ライトな占いはグローバル・スタンダードな星座占い、伝統的な占いは風水が根付いていると考えて下さい。

 

 

まとめ

日本で一般的な事は、海外でも一般的だと勘違いしてしまうことが多々あります。血液型占いもその一つです。背景には、日本における出産時の慣習と、衛生的で安全な献血制度の定着が挙げられます。自分の血液型を知っている事が当たり前との認識が定着しているからです。

一方で世界には民度の違いや、文化、習俗、慣習、宗教の違いなど、多くの異文化が存在しています。日本とは考え方が違う国が多々あるという現実が存在しています。また、科学的根拠が薄弱な血液型性格判断に対して、話題作りに事欠かない日本のメディアの姿勢も一因と言えます。

項目4に記載した様に、日本の感覚で外国の方に血液型を尋ねる事は、中国でも配慮が必要だとご認識下さい。

 

中国人も血液型占いするの?日本と違う6つの豆知識!

1. 自分の血液型を知らない

2. 血液型を知らないので占えない

3. 表面的には血液型占いは普及していない

4. 血液型は個人情報

5. 血液型を知らない背景

6. 星座占いと風水が定着

 


あなたにおすすめの記事!

中国文化中国人中国エンタメ
扇ガ谷 道房をフォローする
扇ガ谷 道房

家族で中国に駐在しておりました鎌倉在住のコンサルタントです。サッカー観戦、楽器演奏、腕時計収集、帽子、海外旅行、街歩きが趣味のおじさんです。中国に関するコンサル、講演、執筆、ガイド等も承ります。生身の中国を是非多くの皆さんに知って頂きたい想いでお仕事させて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。

扇ガ谷 道房をフォローする
Fun!Fun!China!