北京で中国お土産を買うとき超おすすめ人気ショップ10選!

北京で中国お土産を買うとき超おすすめ人気ショップ10選! 中国お土産

北京を訪れたなら、やっぱり中国らしいお土産を買って帰りたいですよね。大きな都市なので絞り込むのは難しいのですが、今回はここは外せないという老舗中の老舗おすすめショップを中心にご紹介します。

北京に脚を運ばれた時には、是非ご参考になさってみて下さい。

 

北京で中国お土産を買うとき超おすすめ人気ショップ10選!

 

1. 中国人に圧倒的人気を誇る発酵食品店「六必居」(リュー ビー ジュ)

2018年新年快樂🎊 打了N通電話終於訂到位 果然厲害這個粥‼️一定要吃看看 ✨招牌蟹膏鍋 550/2人(無敵美味😍 ✨月亮蝦餅 160元(好吃😋 ✨清燙沙蝦 160元(🦐新鮮 ✨山藥炒川七 130元(山藥好吃 💢麻油松阪豬 150元(肉少的可憐😑 #台北美食#板橋美食#台北小吃 #六必居#六必居潮州沙鍋粥 #桃園美食#中壢美食#新竹美食#台中美食#台南美食#高雄美食#花蓮美食#宜蘭美食 #桃園甜點#中壢甜點#新竹甜點#台中甜點#台南甜點#高雄甜點#花蓮甜點#宜蘭甜點 #桃園小吃#中壢小吃#新竹小吃#台中小吃#台南小吃#高雄小吃#花蓮小吃#宜蘭小吃

小胖芬大食怪さん(@fsps0511)がシェアした投稿 –


広大な中国を治めていた皇帝が居住していた歴史有る街ですから、そこかしこに老舗が所在していると思われがちですが、意外にも少ないのが現実です。

そのような環境の中、こちらのお店は歴史ある老舗として認められています。「中華老字号」という中国政府が老舗だと認定した老舗の証を持っているお店の一つです。1530年創業ですから、かれこれ500年の歴史を有しています。

こちらのお店は中国味噌をベースにした発酵食品の老舗名店です。中国版の漬物とお味噌の専門店と思って下さい。お漬物は「醤菜」(ジャン ツァイ)と呼ばれるお漬物です。発酵させた醤油やお味噌でお漬物を作っています。又、「黄醤」(ファン ジャン)という独特のお味噌も有名です。北京の人たちが好んで食べる「炸酱面」(ジャー ジャン ミェン)用のお味噌として知られています。「炸酱面」はお汁の無い麵料理で、このお味噌をつけて食べます。日本のつけ麵の食べ方を想像して戴き、漬け汁がこちらの味噌だと思って戴ければわかり易いと思います。

「醤菜」も「黄醤」もお手軽に買える量とお値段ですから、是非お買い求め下さい。

・住所 北京市東城区前門糧食店街3号
・おすすめお土産: 「醤菜」「黄醤」「甜麺醤」
・営業時間: 8:30-19:00
・料金の相場: 日本円500円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

2. 北京と言えば北京ダック、このお店は外せません「全聚徳」(チュエン ジュ ド)

北京で中国お土産を買うとき超おすすめ人気ショップ10選!全聚徳

北京と言えば北京ダックと言っても過言では無いでしょう。それは中国の皆さんにとっても同じです。日本でも中高級中華料理店の定番メニューである北京ダック。実は日本の北京ダックと中国の北京ダックには大きな違いがあります。

日本では何故かパリパリに焼けた鴨の皮だけが出て来るのが一般的ですが、中国ではそんな事は絶対にありません。鴨肉丸ごと一匹がローストされた状態で座席に届けられて、座席のすぐ横でシェフが食べやすくさばいてくれます。つまり、香ばしくパリパリの皮と共に、ジューシーな骨付きのお肉を食べるのです。これが北京ダックです。何故日本ではお肉が無いのか筆者にもわかりません。

さて、北京に行ったなら、このお店で本場の北京ダックを食べて頂きたいですが、お土産にお持ち帰り用の真空パックされた北京ダックを購入可能なんです。お店は北京だけでなく、全国展開している北京ダックのチェーン店ですが、真空パックされた北京ダックは、北京市内の三店だけでしか販売していないのでご注意を。

・住所 北京東城区王府井大街帅府园9号
・おすすめお土産: 北京ダックの真空パック
・営業時間: 11:00-21:00
・料金の相場: 日本円1500円程度
・WiFi有無: 可
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

3. 宮廷専属薬局だった「北京同仁堂」(ベイジン トン レン タン)の漢方薬

吃熱狗堡 ️

Patty Yenさん(@patty__y)がシェアした投稿 –


北京だからこそ存在する宮廷専属のお店。こちらのお店は宮廷専属薬局でした。ですから、こちらのお店も中国政府公認の老舗である「中華老字号」の一つです。1669年創業ですから、かれこれ350年の歴史を有する漢方薬店です。

中国各地に支店がありますが、北京に足を運んだなら、建築も見事なこちらの本店を訪れる事がお勧めです。牛の胆嚢にできた結石である牛黄や、自社栽培の芍薬、人参などの上質な原料を使用しています。

こちらは薬局としての小売店ですが、会社自体は大きな製薬会社に発展を遂げています。滋養強壮作用がある漢方薬は、疲労回復、どうき息切れ、解熱解毒など、様々な体調に効果的と言われています。お薬の調合もしてくれるお店ですが、観光の日本人には、お手軽な漢方パックがお勧めです。

・住所 北京市西城区大柵欄24号
・おすすめお土産: 漢方薬、「牛黄清心丸」など
・営業時間: 8:00-19:30
・料金の相場: 日本円500円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

 

4. 中国茶なら「吴裕泰」(ウー ユー タイ)


北京は茶葉の生育北限よりも北に位置していますので、お茶の産地ではありません。然しながら、かつては皇帝が所在していた都ですから、茶どころから茶葉が届けられました。遠い浙江省や広東省から茶葉が北京まで届けられましたが、新茶を摘んでも、北京にたどり着くまでには時間を要し、新茶の味覚が落ちてしまいました。

そこで一計を案じて作られたのが「茉莉花茶」つまりジャスミン茶です。緑茶にジャスミンの花の香りを伝わらせて、品質の落ちてしまった緑茶を、ジャスミンの芳しい香りで再生させたのです。その伝統が今にも伝わり、北京を含む北方の人たちにとっては、中国茶というとジャスミン茶が一般的なんです。中国のみなさんはジャスミン茶のことを花茶と言います。「茉莉花茶」の「茉莉」を省いてそう呼ぶのです。

さて、お茶どころではないとはいえ、お土産の中国茶を買う事はできます。お勧めは1887年創業の「中華老字号」の一つであるこちらのお店です。全国区チェーンですが、ここ本店がお勧めです。各種の中国茶を購入できますが、皇帝たちも愛した「茉莉花茶」を是非購入してみて下さい。茶葉を丸く仕上げた「茉莉龍珠」がお勧めです。長持ちするので何杯も飲む事ができます。茶器や茶菓子も購入できる上に、店内では緑茶とジャスミン茶のソフトクリームもあります是非お試し下さい。

・住所 北京市東城区東四北大街44号
・おすすめお土産: 茉莉花茶 (ジャスミン茶)
・営業時間: 7:30-20:00
・料金の相場: 日本円500円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

5. 手ごろな中国菓子のお土産なら「稲香村」(ダオ シャン ツン)


中国菓子はスーパーなどでも当然購入できますが、北京に来たなら是非こちらのお店に脚を運んで下さい。何と言っても、現代日本ではほとんど存在していない量り売りのお菓子屋さんだからです。創業1773年。こちらも「中華老字号」の一つです。

見たことの無い様な中国菓子、飴、チョコ、ドライフルーツ、豆などの中国伝統食品が所狭しと並んでいます。好きな物を好きなだけ量り売りで購入します。この買い方も楽しみの一つです。色んな物をちょこちょこたくさん買う事ができるので楽しいですよ。

・住所 北京市東城区東直門内大街19号
・おすすめお土産: 月餅、パンダクッキーなど
・営業時間: 8:30-20:00
・料金の相場: 日本円100円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

6. シルクを買うなら「瑞蚨祥」(ルイ フー シャン)

Facades #东来顺饭庄 #瑞蚨祥 #钟鼓楼

Condy Liさん(@condyli8)がシェアした投稿 –


シルク製品を買うなら1893年創業の「中華大字号」のこちらのお店へ。生地と既製品の両方を購入することができます。中国の生地市場、服装市場が楽しいのは、好きな生地を購入して、その場でオリジナルな服にオーダーできるところにあります。こちらのお店でも生地からのオーダーが可能です。

但し、完成までに概ね2週間かかるので、短期旅行の場合には、完成を待たずして帰国しなければなりませんので、長期の旅行や、北京に知人がいる場合などに、オーダーメードすることをお勧め致します。雑誌などを持って行って、こんな感じに仕上げて欲しいというと、本当に雑誌そのままのデザインの服が出来上がるのでびっくりしますよ。

帰国までに時間が無い場合は、特急仕上げで対応してくれる場合もあるので、相談してみて下さい。時間が不足している場合は、既製品コーナーでの購入をお勧め致します。

・住所 北京市西城区大柵欄街5号
・おすすめお土産: シルク製オーダーメード服
・営業時間: 9:30-20:00
・料金の相場: 日本円5000円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

7. 帽子を買うなら「馬聚源」(マー ジュ ユェン)

#大柵欄 #馬聚源

夏林修さん(@leexiuxiu)がシェアした投稿 –


帽子を買うなら1853年創業の「中華大字号」のこちらのお店へ。北京の民謡で、「頭には馬聚源の帽子をかぶり、身には瑞蚨祥のシルクをまとい、足には内聯陞の布靴を履く」と歌われていて、6の瑞蚨祥と共に帽子と言えばこのお店と知られているのです。

丁寧な造りで品のある帽子は、政府官吏用帽子として採用されたことから、帽子と言えばこちらのお店という評判が高まりました。日本では手に入りにくい中国らしい雰囲気のある帽子をお求めなら、是非こちらのお店に脚を運んでみて下さい。

・住所 北京市西城区大柵欄街8号
・おすすめお土産: 帽子
・営業時間: 9:30-20:00
・料金の相場: 日本円1000円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

8. 伝統的な布靴を買うなら「内聯陞」(ネイ リェン シェン)

深緑さん(@shenlu_pompom)がシェアした投稿


前述の通り、北京の民謡に歌われている布靴店がこちらです。綿布を32層重ねにした靴底に、麻糸で丹念に刺し子にした「千層底」と呼ばれる靴底は、足にぴったりフィットしており、履いた時のフィット感が満点です。

不思議な店名は「内裏の中で階級が上がる」という意味で、こちらの店の靴を履けば出世間違いなしという、現代で言うならキャッチコピーの様なネーミングになっています。そのことから、役人に受けて購買が広がり、認知度と名声が高まったのでした。

お店に入ると、手作りで縫う製造過程の実演コーナーがあり、一二階が売り場、三階には展示ホールとオーダー靴の受付があります。女性に好評のカラフルな刺繍入り布靴や、カンフーシューズ、布靴もあります。中国らしい文化を感じる布靴。お土産にお勧めです。

・住所 北京市宣武区大柵欄街34号
・おすすめお土産: 布靴
・営業時間: 9:00-21:00
・料金の相場: 日本円5000円~
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

9. ぶらり散歩しながらお土産を選ぶなら「大柵欄商業街」(ダージャーラン シャンイェ ジェ)


ここまでは特定のお店をご紹介致しましたが、既にご紹介しました老舗のお店も所在し、その他のお店も多く軒を連ねるこちらのストリートがぶらり街歩きに最適です。特に何を買うのか決めて行かなくとも、ぶらり街歩きを楽しみながら、お土産を探す事ができます。

このお店は全長約250mの広さで、清の時代からある北京有数の歴史ある商店街です。散歩するだけでも色々な発見があると思います。

・住所 北京市西城区大柵欄
・おすすめお土産: 様々
・営業時間: お店によります。
・料金の相場: お店によります。
・WiFi有無: お店によります。
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

10. パンダグッズを買うならやっぱりここ、北京動物園(ベイジン ドンウーユェン)

最後にご紹介するのは老舗のお店ではなく動物園です。もちろん北京動物園。日本で言えば上野動物園に当たるのが、この北京動物園です。

#北京動物園 走路走到坐地鐵睡著 我終於看到北極熊了

劉家均 Liu Chia Chunさん(@gggg313)がシェアした投稿 –


パンダの生息地は、中国内陸部の四川省が有名ですから、北京で野生に生育していたパンダがここにいる訳ではありませんが、大都市に所在する動物園としてはパンダの飼育頭数が最も多い動物園として知られています。しかも、上野動物園とは違い、野外で活動するパンダを観る事ができます。上野動物園の猿山やペンギンエリアを見る様な感じでパンダを観る事ができるので、お勧めです。

中国では、多くのお土産物店でパンダのアイテムが販売されていますから、わざわざパンダグッズを購入する為に北京動物園に脚を運ぶ必要は無いのですが、折角北京を訪問したのならば、屋根なし施設で活動する多くのパンダを直接見て、この動物園でパンダグッズを買う事に意味があります。

この動物園では何と言っても北京動物園の文字入りのパンダグッズが買えるという点がお勧めポイントです。どこでも買えるパンダグッズではなく、北京動物園という謂わばブランドマーク入りですから、差し上げた方にも喜ばれるのではないでしょうか。

・住所 北京市西城区西直門外大街137号
・おすすめお土産: 北京動物園文字入りパンダグッズ
・営業時間: 7:30-18:00 (11月から3月は閉園時間が17:00)
・料金の相場: 日本円500円~3000円程度
・WiFi有無: 不明
・日本語/英語対応: 基本通じません

 

 

まとめ

北京旅行に行かれた場合に、外せない老舗を中心にご紹介致しました。中国5000年の歴史と呼ばれる歴史ある国なのに、意外にも中国には老舗と呼ばれるお店が多くはありません。文化大革命の影響があるのかもしれません。

とはいえ、長く皇帝が所在し、中国の首都であった北京には、国家が認定している老舗が点在しています。北京オリンピック以降、現代的なショッピングセンターも林立するなど、近代化が進んでいますが、やはり北京に行かれたら、伝統と文化を感じるお店でお土産を買ってみたいですよね。是非ご参考にしてみて下さい。

 

北京で中国お土産を買うとき超おすすめ人気ショップ10選!

1. 中国人に圧倒的人気を誇る発酵食品店「六必居」(リュー ビー ジュ)

2. 北京と言えば北京ダック、このお店は外せません「全聚徳」(チュエン ジュ ド)

3. 宮廷専属薬局だった「北京同仁堂」(ベイジン トン レン タン)の漢方薬

4. 中国茶なら「吴裕泰」(ウー ユー タイ)

5. 手ごろな中国菓子のお土産なら「稲香村」(ダオ シャン ツン)

6. シルクを買うなら「瑞蚨祥」(ルイ フー シャン)

7. 帽子を買うなら「馬聚源」(マー ジュ ユェン)

8. 伝統的な布靴を買うなら「内聯陞」(ネイ リェン シェン)

9. ぶらり散歩しながらお土産を選ぶなら「大柵欄商業街」(ダージャーラン シャンイェ ジェ)

10. パンダグッズを買うならやっぱりここ、北京動物園(ベイジン ドンウーユェン)

 

中国お土産中国・北京中国おすすめのお店
扇ガ谷 道房をフォローする
扇ガ谷 道房

家族で中国に駐在しておりました鎌倉在住のコンサルタントです。サッカー観戦、楽器演奏、腕時計収集、帽子、海外旅行、街歩きが趣味のおじさんです。中国に関するコンサル、講演、執筆、ガイド等も承ります。生身の中国を是非多くの皆さんに知って頂きたい想いでお仕事させて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。

扇ガ谷 道房をフォローする
Fun!Fun!China!